千葉・栄町のソープ店で、早漏ゆえに早々フィニッシュもしばらく腰振る

千葉・栄町のソープ店は評判どおりの粒ぞろい

インターネットのクチコミサイトで評判が良さそうだったので、千葉・栄町のとあるソープランドに行ってきました。

店内の受付で紹介された写真を見る限りでは、評判どおりの粒ぞろいです。そこからひとりのお相手を選ぶのは何とも悩ましいのですが、待ち時間が短い女の子で絞り込んだ結果、りいささんを指名しました。

お相手の女の子は、自然な感じのめっちゃタイプ!

待合室で待つこと15分、店員さんがやって来ました。プレイルームを案内され、暖簾をくぐると……、その先に待っていたのは、色白でスレンダーな女の子。お顔は、どうしてソープなんかで働いてるのっていうくらい、かわいい! めっちゃタイプです!

そんなりいささんに腕組みされ、奥のプレイルームへエスコートされます。テンション上がりまくりで、ポーッとしていると、スルスルッと服を脱がされ、瞬く間に全裸にされてしまいました。りいささんも全裸になり、「お時間なくなりますので、シャワーに行きましょうよ」と、気遣いと言うか、自然な感じがいいですね。こういうところで事務的にされると、気分が萎えますから。

激しい騎乗位プレイに実はフィニッシュ

さて、肝心のプレイですが、シャワーもただ流すのではなく、私の乳首やらムスコをキャッキャ言いながら、ちょいちょい弄ってくるのです。悪い気はしません。いいえ、大歓迎です。第一印象では、ちょっと控えめな感じを受けていましたが、いえいえどうしてこの積極プレイには、大いに期待できます。胸をワクワク、股間をビンビンにしながら、ベッドに戻ります。

りいささんから、責めと受け、どちらがいいか聞かれたので、“受け身”と答えました。ごろんと仰向けになり、マグロを決め込むと、りいささんがゆっくり私に覆いかぶさってきます。そして、まずは軽くちゅっと音を立ててキス。プルッとやわらかい唇の感触に感動していると、そのまま全身リップで、首から胸、腹へと刺激されます。

そして、下半身に移ろうかという思いきや、ムスコは避けられ、太もも、ふくらはぎへと焦らされます。ムスコはすっかり上向きです。足先までリップが終わると折り返しで、ついにムスコが、りいささんのお口にイン! 口をキュッとすぼめてフェラされるので、のっけから射精感が襲ってきます。

そこで、帽子着用のお願いをされ、快諾。騎乗位で激しくピストン運動されます。実は、私、早漏で、みこすり半で出してしまっていたのです。しかし、まだ硬かったので、体位を入れ替え、正常位に。りいささんの揺れるおっぱいを見ながら、しばらく腰を振っていましたが、すでに出しているので長くは持ちません。イクふりをして疑似フィニッシュw。ゆっくり抜いて、そのままシャワールームで汗を流し、バイバイです。

プレイを終えての感想

レベルの高い女の子は、みな東京に行ってしまうだろうと言う人が多いでしょうが、千葉・栄町は、なかなかレベルが高いかと思います。それでいて、都内よりもお得に楽しめるわけですから、たまには千葉まで足を延ばしてみる価値は、十分にあるかと思います。