池袋ヘルス店で、アナルがふやけ、顔がニヤけるマットプレイ

池袋マットヘルス店のキレカワ系美女は、タイプだけどプレイは事務的

デリヘルでは、なかなか味わえないマットプレイ。お給料も入ったことですし池袋の北口のとあるマットヘルス専門店に行ってきました。当日は、雨が降りしきる、あいにくの天候でしたが、結論から言うと行った甲斐がありました。

フリーで紹介された女の子は、あきなさんと言うキレカワ系の美女。見た目は、自分のタイプでいいのですが、プレイがいまひとつ。いや、ひととおりきっちりしてくれるのですが、やや事務的な感じがする点が少々マイナスかな。

「服を脱いでください」
「うつ伏せでお願いします」
「次は、乳首舐めますね。嫌だったら言ってください」
「ここ感じますか?」
と、いかにもお仕事してますって感じが残念なんですよ。感情に訴えかけないというか。ああ、今自分は風俗でサービスを受けてるという、まんまの現実を突きつけられているというか。

ローションまみれの騎乗位素股でエクスタシーに達した彼女

でも、プレイ内容はしっかりしていて、菊門がふやけるほどのアナル舐めをしてくれたり、足の指、手の指を一本一本ていねいに舐め上げてくれたりするわけです。特に、アナル舐めは、四つん這いで背後から手コキも加わり、今までの風俗遊び歴の中でも断トツでナンバーワンの気持ち良さでした。これには、顔がニヤニヤです。

また、フェラから体勢を変え、騎乗位素股をしてくれたのですが、ここで彼女にちょっとした変化が。ガッチガチになったムスコが、あきなさんのデリケートな部分を刺激すると、彼女は、アヘアヘ喘ぎ始めました。さらに乳首を摘むと、「あ、ああん」と悶える始末。さらにクリトリスをムスコでグリグリ刺激してやると、もう大変! 完全に素股の動きが止まってしまい、ガッチリ抱き付かれ、彼女の方から腰振り状態。全身ローションでヌルヌルですが、彼女の天然ローションで、下半身はさらにヌルヌル。

そのまま互いに抱き合いながら、性器を擦り合わせながら、ディープキス。かすれるような声で「イクぅ」と言い残し、エクスタシーに達したあきなさん。プロの性技で楽しませてもらおうと受け身でいようとおもいましたが、彼女の反応があまりにいいので、つい攻めに転じてしましました。

最後は、再び騎乗位素股をお願いし、プレイ時間内に無事フィニッシュ。後半の乱れっぷり、Mっ気ぶりには大いに楽しませてもらったのに、最初のプレイがあまりに事務的なのが残念です。

お店の寸評

お店の建物は、老朽化が目立つのですが、逆に老舗ならではの味わい深さを醸し出しています。お相手のコンパニオンは、一部事務的なサービスが気になりましたが、マナー、テクニックすべてにおいて及第点で、満足のいくものでした。