池袋のオナクラ店のあかねさんとおしっこで愉悦に浸る

私は、射精欲求を満たしたいという気持ちを抑えれず、池袋のオナクラに行きたいという気持ちでいっぱいでした。池袋でオナクラを利用しようと思ったのは、あまりに前のことで思い出せません。最近流行っているオナクラ店なので、電話がつながってドキドキしていました。

気になるお代は、入会金が1000円、指名料は1000円、45分コースが、びっくりの4500円(税込)。指名割で、本指名料が半額でした。したがって、私が、お代として払った額は、6500円ということになります。受付にいたお兄さんは、20代後半のオカマっぽい感じの店員でなんだか気色の悪い対応でした。

ラブホテルでご指名の子が来るのを心待ちにしていると、10分が過ぎ、ホテルのフロントから呼び出しがありました。ついに、本指名のあかねさんが登場です。大人の女性っていいですね。彼女は、五反田の家電メーカーに勤務する女上司で、私は彼女にされるがまま逆セクハラプレイをされるのです。

髪は、アッシュで王道のストレートヘア、某有名女子高の制服は、できれば内密にしておきたいですが、後ろ姿が実に麗しいのです。あかねさんをまじまじと観察すると、貧乳好きにはたまらない胸は、ペチャパイでした。素人でうぶな女子大生をウズウズしていたのにあと一歩ですが、おしっこをチョイスしました。給料日なのでオプションのピンクローターと足の匂いかぎを追加してみました。

このほかおススメのオプションは、脇の下の匂いかぎや全身タイツなどいかがでしょうか。ブラジャーをとると、あかねさんの貧乳好きにはたまらない胸をゆっくり愛撫してみました。おっぱいを吸うと、彼女は、顔を紅潮させ、小さく震えています。そして騎乗位で生本番を思わせる素股、舌を絡ませて彼女の感触を楽しみました。次第に腰の動きが激しくなると、イクイカナイの真剣勝負です。この勝負勝たせてもらいましょう!

私の愚息は、エクスタシーに達し、あかねさんの胸にたっぷり放出しました。しばらく禁欲生活をしていたので、かなり濃かったです。手かせ・足かせやアナル攻めで出すのもいいですが胸に射精するのは、サイコーの体験となりました。料金は、びっくりの価格ですが、こちらのオナクラ店の風俗嬢の位置づけは、かなり高いと言えるでしょうから値段以上の価値を見出し、きっと満足できるでしょう。

一方、池袋の風俗で愉悦に浸るなら、ぎっしり詰まったプレイのオナクラをオススメします。