池袋のホテヘルで、割引チケットのせいかサービスまで割り引き?

池袋のホテヘルで指名した女の子は、20代清楚系

平日割引のチケットを入手し、口コミサイトで気になっていた池袋のとあるホテヘルを利用してみました。

受付で店員さんに紹介された写真は、6枚。そのうちすぐ案内できる女の子は、その半分とのこと。写真を見ると、いかにも店員が事務所で撮りましたよって感じなのですが、こうしたところは、写真加工がされず(パネマジ職人が不在)、かえって騙されるリスクが抑えられるので、いいのかもしれません。ま、カメラマンや写真加工も雇えないくらい流行っていないとしたら、地雷嬢の可能性がグッと上がってしまうので、そういう意味では要注意なのですが。

結局、店員さんの意見を参考にしながら、あすはさんを指名しました。一応、20代前半で清楚系とのことです。

実際の女の子は、写真加工はないものの少し太め

ラブホテルの一室でホテルへ移動し部屋で待つこと10分。ふんわりとした、森ガールっぽい服を着た、あすはさんが、やって来ました。予想どおり、写真加工はされておらず、写真そのままの女の子が来たので、まずは一安心です。実物は、少しだけ太いかな。これは、写真の撮り方に騙されたって感じです。

さて、短めのシャワーを終え、ベッドに移動。ボディタッチをしつつ、いきなりガツガツいくのもあれなので、まずは、おしゃべり。聞くと、あすはさんは、現役の大学生だそうで、将来の夢実現のため、ホテヘル嬢をしているとのこと。女の子の夢とか、重い話には興味はありませんが、うんうん聞いてあげれば、おざなりなサービスにはならないかなと。

攻めを楽しむことがないまま慌ててフィニッシュ

「それでは、お願いできますか」と言う私からの合図で、キスから開始。何となく甘酸っぱい感じのする、いちゃいちゃプレイです。そのあとは、ディープキス、乳首舐め、指入れと王道の流れ。あすはさんは、緊張しているのか、なかなか足を開いてくれず、指入れには難儀します。そこで再び、上半身の愛撫に集中すると、喘ぎ声と共に、足が開いていきました。

しかし、ここで10分前のアラーム。十分な攻めを楽しむことができないまま、今度は彼女に攻めてもらいます。こちらも王道というか、ごくごく普通の全身リップからのフェラチオという流れ。時間がないので、すぐに騎乗位素股をしてもらって、慌てながらのフィニッシュ。

それほど、会ってビックリの女の子が出てきたということはないので、その点はいいのでしょう。しかし、逆に何のサプライズもなし、サービスに特徴があるわけでもなし。テクニックについても凡庸で、割り引きされてしまったのか、取り立てこれというものはありません。